日本橋ゆかり三代目コラボレシピ
野菜をいっぱい食べられるコールスローを、ツナ缶を使って和風に仕上げました。【つゆの素特撰】さえあれば、塩も酢もいりません。水っぽくならないように、ツナ、鰹節、ゴマ油と入れる順番だけ注意して下さい。

ツナ缶で簡単、具だくさん 和風コールスロー

和風コールスロー

材料も作り方もシンプルなこの料理は、野菜と【つゆの素特撰】の分量のバランスが美味しさの決め手です。ツナが入っているので、食べごたえもあります。

材料

4人分
  • 【つゆの素特撰】大さじ4(60ml)
  • 【本枯鰹節物語】1パック
  • キャベツ約半分(500g)
  • にんじん50g
  • ツナ缶オイル入り1缶(70g)
  • 白煎りゴマ大さじ1(9g)
  • ゴマ油大さじ1(12g)

作り方

1

キャベツは半分に切って汚れた部分を切り落とし、芯をとってさらに半分に切る。長さ3〜4cm、幅5mm〜1cmのザク切りにして、ボウルに入れておく。

ポイント

キャベツは縮むのでやや太めに切ります。大きさが揃うようにしましょう。
2

にんじんはよく洗って皮付きのまま、タテに薄くスライスしてから広げて重ね、千切りにしてボウルに入れる。

3

②に【つゆの素特撰】を加えてよく揉む。

ポイント

【つゆの素特撰】の塩分でしんなりするので、簡単にできます。馴染むまでしっかり揉みましょう。
4

しんなりしたらツナ、煎りゴマ、【本枯鰹節物語】を入れ、最後に香りづけのゴマ油を加え、ボウルを回しながらさっくりとよく混ぜます。

ポイント

ゴマ油を加えて混ぜると、だんだんよい香りがたってきます。冷蔵庫に入れておいて馴染んだ頃に食べてもおいしいです。
閉じる
このページの先頭へ