「たいめいけん三代目 茂出木浩司レシピ」あっさりロールキャベツ

「たいめいけん三代目 茂出木浩司レシピ」あっさりロールキャベツの写真

調理時間:40分

熱量:270kcal

塩分:2.7g

※煮込み時間は10分で算出
※カロリー・塩分は1人分です。

レシピ考案者

茂出木浩司

材料(4個分)

白だし特撰
70ml
薫る味だし(かつお)
小さじ2
キャベツの葉
4~5枚
合い挽き肉
200g
玉ねぎ
1/4個
ご飯150g
150g
730ml
水溶き片栗粉
片栗粉・水 各大さじ2
ベーコン
2枚
塩・こしょう
少々
レモン・白髪ねぎ・パセリ
適量

つくり方

  1. キャベツの葉はさっとゆでて、芯の部分を葉と同じ厚みにそいでおく。芯はみじん切りにして具に加えるか、あとで煮込むときに使う。

  2. 玉ねぎは細かめのみじん切りに。ご飯は水洗いして水気を切り、【薫る味だし(かつお)】をまぶして下味をつける。

  3. ボウルに合い挽き肉と[2]のたまねぎとご飯を入れ、粘りが出るまでしっかりもみ込み、塩・こしょうで味を調える。

  4. [3]を4等分して、広げたキャベツの葉の芯のところに置き、手前から1~2回くるりと巻いたら、葉の一方を折り込む。きっちりと最後まで巻いたら、もう片側の葉を中に押し込み、形を整える。折り込む葉が長すぎたら切り落とす。

  5. 巻き終わりを下にして鍋に隙間なく並べる。【白だし特撰】と水を注ぎ、ベーコンを上にのせ、アルミホイルで落としぶたをして強火にかける。煮立ったら鍋のふたをかぶせ、弱火で柔らかくなるまで10分ほど煮込む。

  6. 柔らかく煮えたらロールキャベツを取り出して器に盛りつけ、スープに水溶き片栗粉でとろみをつけて上からかける。レモン、白髪ねぎ、パセリなどを飾る。

料理のポイント

冬の定番料理ロールキャベツも[白だし特撰]で煮込むと目先が変わります。お好みでレモンをしぼって、さっぱりとどうぞ。夏には、脂肪分が少なめの挽き肉を使って、冷やしていただいてもおいしいレシピです。

レシピに使われている商品

  • 薫る味だし かつお6袋入

    素材になるべく熱をかけない乾燥法。だし本来の味と香りを極めました。一つ一つに不活性ガスを充てんした個包装。酸化を抑え、香味品質を保ちます。鰹節専門のにんべんが、プロの料理人も認める上質な味をご家庭へお届けします。

    薫る味だし かつお6袋入
  • 白だし特撰200ml

    ・本枯鰹節、鯖節、宗田鰹節と有機丸大豆の白醤油を使用し、淡色で上品な風味に仕上げました。 ・北海道産昆布、種子島産さとうきびの粗糖、沖縄の海水塩使用。 ・化学調味料、保存料、着色料無添加。

    白だし特撰200ml

レシピ考案者

  • 茂出木浩司

    たいめいけんは、食通として知られる作家・池波正太郎がこよなく愛したことでも知られ、映画「タンポポ」に登場するタンポポオムライスなどが有名。1994年、たいめいけんの三代目として就任。三越日本橋本店「デリカテッセン・ヒロ」をはじめ、数多くの店舗をてがける。波乗り、カイトボーディングなど多彩な趣味ももち、テレビの人気バラエティー番組にもたびたび登場し人気を博している。

白だし特撰200mlを使ったレシピ