「たいめいけん三代目 茂出木浩司レシピ」洋風お雑煮

「たいめいけん三代目 茂出木浩司レシピ」洋風お雑煮の写真

調理時間:80分

熱量:324kcal

塩分:1.1g

※煮込み時間含む
※カロリー・塩分は1人分です。

レシピ考案者

茂出木浩司

お雑煮と似た材料ですが、ウインナーを入れて子どもの好きな味にしました。たくさんの野菜を【薫る味だし[焼あご入り]】がまとめています。このレシピなら、野菜がいっぱい食べられます!

材料(4人分)

【薫る味だし[焼あご入り]】
2パック
900ml
ベーコン
30g
ほうれん草(飾り用)
3株
にんじん
中1本
ウインナー(いろいろな種類)
4本
かぶ
2個
じゃがいも(メークイーン)
大2個
大根
10cm
餅(パック切り餅)
4個
玉ねぎ
1個
しいたけ
小2個
三つ葉
(お好みで)

つくり方

  1. かぶの葉を少し残して切り落とし、皮をむいて半分に切る。【ポイント】葉を少し残すと彩りもよく、美味しさもアップ。皮をむくときは、下からむくとむきやすいです。

  2. 大根の皮をむいて3cm幅に切る。面取りをして下ゆでし、ゆで汁を捨てる。【ポイント】面取りをすると煮くずれしにくくなり、早くゆで上がります。面取りをするときは、包丁ではなく大根を動かすと無駄な力をかけずに作業できます。ゆで汁を料理に入れると、臭みが出るので注意してください。

  3. にんじんは皮をむき乱切りにする。しいたけは5mm幅に切り、玉ねぎは1/4にくし切り、ベーコンは3cm幅に切る。じゃがいもを10分程度水にさらし、3cm幅に切る。飾り用のほうれん草はゆで、3cm幅に切っておく。【ポイント】にんじんの乱切りをするときも、にんじんを動かすと無駄な力をかけずに作業できます。野菜はレンジアップする(レンジをかける)と、煮込み時間を短縮できます。

  4. かぶ、大根、じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、しいたけ、ベーコン、ウインナーを鍋に入れ、【薫る味だし[焼あご入り]】と水を入れる。【ポイント】ウインナーはいろいろな種類を入れると、さまざまなだしが出てより美味しくなります。

  5. 強火にかけ、沸いたら弱火にして1時間煮て火を止める。【薫る味だし[焼あご入り]】を取り出す。【ポイント】【薫る味だし[焼あご入り]】の袋を入れたままにすると味が濃くなるので、1時間煮込んだら取り出します。

  6. 餅を焼いて鍋に入れ、飾り用のゆでたほうれん草をのせる。お好みで三つ葉をのせても。

料理のポイント

【薫る味だし[焼あご入り]】をベースに、いろいろな野菜やベーコン、ウインナーからだしが出て、栄養豊富なポトフ風の一品になりました。詳細はこちら

レシピに使われている商品

  • 薫る味だし焼あご入り6袋入

    ・素材になるべく熱をかけない乾燥法。だし本来の味と香りを極めました。 ・一つ一つに不活性ガスを充てんした個包装。酸化を抑え、香味品質を保ちます。 ・鰹節専門店にんべんがプロの料理人も認める上質な味をご家庭へお届けします

    薫る味だし焼あご入り6袋入

レシピ考案者

  • 茂出木浩司

    たいめいけんは、食通として知られる作家・池波正太郎がこよなく愛したことでも知られ、映画「タンポポ」に登場するタンポポオムライスなどが有名。1994年、たいめいけんの三代目として就任。三越日本橋本店「デリカテッセン・ヒロ」をはじめ、数多くの店舗をてがける。波乗り、カイトボーディングなど多彩な趣味ももち、テレビの人気バラエティー番組にもたびたび登場し人気を博している。

薫る味だし焼あご入り6袋入を使ったレシピ