うなぎの佃煮

うなぎの佃煮の写真

熱量:232.5kcal

塩分:3g

※カロリー・塩分は1人分です。

レシピ考案者

野永喜三夫

【薫る味だし(かつお)】で旨みに深みがでておいしさが倍増します。袋の中身をそのまま使うので、 カルシウムもとれ、栄養バランスのよい常備菜が出来上がります。

材料(4人分)

【薫る味だし(かつお)】
1パック
うなぎ蒲焼き
2匹
200g
400g
醤油
30g
砂糖
20g
うなぎのたれ
20g
木の芽
お好みで
粉山椒
お好みで

つくり方

  1. うなぎは縦半分に切ってから2〜3センチ幅に切る。

  2. たれをつくる。フライパンに水、砂糖、醤油を入れ、【薫る味だし(かつお)】の袋の中身を加える。蒲焼きについているたれを入れ、全体をよく混ぜる。

    【ポイント】
    蒲焼きのたれは捨てずに有効に使いましょう。フライパンの中で袋を洗いながら中身を全部出し切ります。スチロールのトレイに残ったたれもフライパンの中で落とし、無駄なく使います。

  3. ②にうなぎを入れ火をつけ、広げて中火で煮崩れしないようにコトコト煮る。照りがでてきたら火をとめる。

    【ポイント】
    あくを取る必要はありません。

  4. 常温まで冷ましてから、バットなどの平たい容器にうなぎを並べて冷蔵庫に入れて保存する。

  5. 器にうなぎを並べ、交互に木の芽と粉山椒をお好みでのせる。

レシピに使われている商品

  • 薫る味だし かつお6袋入

    素材を活かした風味保持製法により、だし本来の味と香りを極めた逸品です。おだしとして「煮物」「味噌汁」「麵つゆ」や、調味料として「チャーハン」「雑炊」「野菜炒め」などに最適です。 ●素材になるべく熱をかけない乾燥法 ●不活性ガスを充てんした個包装 ●化学調味料無添加

    薫る味だし かつお6袋入

レシピ考案者

  • 野永喜三夫

    日本橋ゆかりは、親子3代にわたり宮内庁への出入りを許された老舗名門店。株式会社菊乃井で日本料理の修業を経てゆかりの三代目若主人となる。2002年、料理の鉄人JAPAN CUP’02で総合優勝。NYタイムズ紙に日本を代表する若手料理人として選出され「世界の料理人」として認められた第一人者。様々なメディアや雑誌、海外での活動も多く、幅広い分野で活躍中。伝統を守りながらも、新しい日本料理を発信。