納豆ペペロンチーノ

納豆ペペロンチーノの写真

熱量:323kcal

塩分:1.2g

※カロリー・塩分は1人分です。

レシピ考案者

茂出木浩司

【薫る味だし(かつお・昆布)】の粉末を調味料としてふりかけて使えば、パスタ料理の味付けも簡単にできます。体にやさしい納豆スパゲティにコクがでて、とても美味しくなります。

材料(2人分)

【薫る味だし
(かつお・昆布)】
小さじ2(中身を使用します)
【本枯鰹節】
1パック(2.5g)
納豆
1パック
にんにく
1片
オリーブオイル
大さじ1
鷹の爪
1個
九条ねぎ(長ねぎ)
30g
スパゲッティ
120g
粉チーズ(パルミジャーノ)
適量
塩・黒こしょう
適量
からし
お好みで

つくり方

  1. にんにくはみじん切り、ねぎは縦に包丁を入れてから輪切りにする。オリーブオイルににんにくを浸けてにんにくオイルをつくる。スパゲッティはたっぷりの湯と塩で茹でる。

    【ポイント】
    にんにくオイルは1時間程置いて、にんにくの香りをオイルに移します。にんにくオイルを使うと、失敗せずにペペロンチーノが作れます。にんにくはたっぷり使ってOK。

  2. にんにくオイルをフライパンに入れ、焦げないように弱火で香りをだす。鷹の爪を手でちぎって入れ、炒め、スパゲッティの茹で汁を30cc程入れ、【薫る味だし(かつお・昆布)】の粉末を小さじ2程度加える。茹であがったスパゲッティを入れてあえ、茹で汁を少々加えてさらにあえる。

  3. 火を止めてから、納豆とねぎを加えてあえる。粉チーズをふり、塩・こしょうをしてさっとあえる。

    【ポイント】
    加熱すると納豆臭くなるので、必ず火を止めてあえてください。パルミジャーノチーズを加える事で納豆の臭みをおさえます。

  4. 器に盛りつけ、ねぎをのせて鰹節を散らし、お好みで納豆についているからしを添える。最後に残った【薫る味だし(かつお)】をふりかけて出来上がり。

    【ポイント】
    【薫る味だし(かつお・昆布)】をたっぷりふりかけてもおいしいです。

レシピに使われている商品

  • 薫る味だし かつおと昆布6袋入

    素材になるべく熱をかけない乾燥法。だし本来の味と香りを極めました。一つ一つに不活性ガスを充てんした個包装。酸化を抑え、香味品質を保ちます。鰹節専門のにんべんが、プロの料理人も認める上質な味をご家庭へお届けします。

    薫る味だし かつおと昆布6袋入
  • 本枯鰹節物語

    鰹節専門店にんべんの伝統的な製法に基づいて仕込んだ削り節パックです。カビ付けと天日干しを4回以上繰り返しました。

    本枯鰹節物語
  • フレッシュパック ソフト 4.5g×8袋

    薄く丁寧に削り上げたソフトタイプの鰹節ですので、お料理をより一層引き立てます。納豆や冷や奴、お好み焼き等にふりかけたり、サラダのトッピングとしてご使用ください。

    フレッシュパック ソフト 4.5g×8袋

レシピ考案者

  • 茂出木浩司

    たいめいけんは、食通として知られる作家・池波正太郎がこよなく愛したことでも知られ、映画「タンポポ」に登場するタンポポオムライスなどが有名。1994年、たいめいけんの三代目として就任。三越日本橋本店「デリカテッセン・ヒロ」をはじめ、数多くの店舗をてがける。波乗り、カイトボーディングなど多彩な趣味ももち、テレビの人気バラエティー番組にもたびたび登場し人気を博している。

薫る味だし かつおと昆布6袋入を使ったレシピ