「たいめいけん三代目 茂出木浩司レシピ」カキフライ

「たいめいけん三代目 茂出木浩司レシピ」カキフライの写真

熱量:907kcal

塩分:2.1g

レシピ考案者

茂出木浩司

牡蠣の臭みとりの牛乳に【洋のだし】をプラスすれば、臭みが消えて、さらに旨味がアップ。【洋のだし】を使った裏ワザで、いつもより美味しいカキフライを作りましょう。

材料(2人分)

【洋のだし】
小さじ2
牡蠣
10粒
ゆで玉子
1個
玉ねぎ
大さじ1
ピクルス
大さじ1
ケイパー
大さじ1/2
牛乳
大さじ2
マヨネーズ
1/2カップ
白ワイン
小さじ2
薄力粉
適量
パン粉
適量
溶き卵
適量
揚げ油
適量

つくり方

  1. 牡蠣は洗ってキッチンペーパーで表面の水分をとる。ボウルに牛乳と【洋のだし】小さじ1を入れ、牡蠣を入れて軽くもんでおく。

  2. タルタルソースをつくる。玉ねぎはみじん切りにして水にさらしておく。ゆで玉子は白身と黄身を分け、白身は細かく刻み、黄身はフォークでつぶす。ピクルスはみじん切りに、ケイパーも細かく刻んでおく。

  3. 大きなボウルにマヨネーズを入れ、黄身、白身、ピクルス、ケイパー、水を切った玉ねぎ、白ワイン、【洋のだし】小さじ1を加えて混ぜる。

  4. キッチンペーパーで牡蠣の水分をとり、小麦粉をつけて一旦粉をはたいてから溶き卵につけ、パン粉をまぶす。

  5. 油を170℃に熱し、パン粉をふり入れてパッと散るようになったら牡蠣を入れる。むらができないよう時々返しながらしっかり揚げ色がつくまで上げる。

  6. コールスローなど野菜と一緒にカキフライを盛り合わせ、タルタルソースを添える。

料理のポイント

市販のマヨネーズのいつもの味に【洋のだし】を入れると、マヨネーズの強いクセが消えておいしいタルタルソースができます。手作り感満載のタルタルソース、ぜひお試しください。

レシピ考案者

  • 茂出木浩司

    たいめいけんは、食通として知られる作家・池波正太郎がこよなく愛したことでも知られ、映画「タンポポ」に登場するタンポポオムライスなどが有名。1994年、たいめいけんの三代目として就任。三越日本橋本店「デリカテッセン・ヒロ」をはじめ、数多くの店舗をてがける。波乗り、カイトボーディングなど多彩な趣味ももち、テレビの人気バラエティー番組にもたびたび登場し人気を博している。