骨付き鶏もも肉の和風ポトフ

骨付き鶏もも肉の和風ポトフの写真

調理時間:40分

ゴロゴロと大きくカットした野菜と、骨付きの鶏肉からたっぷり出る旨味が詰まったスープは寒い季節にぴったりです。
フードコーディネーター/タイ料理研究家 両角舞氏考案

材料(2人分)

骨付き鶏もも肉
2本
塩、胡椒
適量
オリーブオイル
大さじ1
にんにく
1片
玉ねぎ
1/2個
人参(小さめ)
1本
セロリ
1/2本
カリフラワー
60g
じゃがいも
1個
キャベツ
1/8個
オリーブオイル
小さじ2
白だし
50ml
1L
ローリエ
1枚
バター
10g

つくり方

  1. 骨付き鶏もも肉の骨の内側に沿って切り込みを入れ、関節部分を露出させる。関節の隙間に包丁の刃を入れて切り離し、もも側の骨を取り外す。塩、胡椒を全面に振る。

  2. フライパンにオリーブオイルを熱し1の鶏もも肉を皮目から入れて弱火でパリッとするまで焼く。身側は強火でさっと焼き付け、取り出しておく。

  3. にんにくは潰す。玉ねぎは芯の部分を残したまま半分に切る。人参は縦半分に切る。セロリは筋をとって3センチくらいの斜切りにする。カリフラワーは大きめの房に分ける。 じゃがいもは皮ごと半分に切る。キャベツは芯の部分を残したまま縦半分に切る。

  4. 鍋にオリーブオイルとにんにくを入れ弱火で加熱し香りを出す。玉ねぎ、人参、セロリ、カリフラワー、じゃがいもを加え炒め合わせる。

  5. 全体に油が馴染んだら白だしと水とローリエ、キャベツ、2の鶏もも肉を加えアクが出たら適宜取り、蓋をして30分コトコトと沸騰するくらいの火加減で煮込む。

  6. 仕上げにバターを入れる。

料理のポイント

最後に加えるバターがポイントです。

この記事をSNSでシェアする

LINEを送る

レシピに使われている商品

  • 白だし 500ml (希釈タイプ)

    国内製造の鰹節、さば節、そうだがつお節の混合だしと北海道産の昆布だしを合わせ、上品な風味の白だしに仕上げました。 お吸い物やうどん、炊き込みご飯、茶碗蒸しなど、素材の色を活かした料理が簡単にできます。 着色料は使用しておりません。

    白だし 500ml (希釈タイプ)
  • 白だしゴールド 500ml (希釈タイプ)

    厳選した原材料を使用し、より豊かな風味と上質な味わいを表現した プレミアムラインの白だしです。 香り高く味わい豊かに、だしの風味にさらに磨きをかけました。 ●本醸造有機醤油使用 ●国内製造鰹節、さば節、宗田鰹節、北海道産昆布の合わせだしを使用 ●だし素材1.5倍使用(当社「白だし」比)

    白だしゴールド 500ml (希釈タイプ)
  • 白だし特撰 200ml

    本枯鰹節、さば節、そうだがつお節と有機丸大豆の白醤油を使用し、淡色で上品な風味に仕上げました。「うどんつゆ」「茶碗蒸し」「鍋物」などいろいろな用途にお使いいただけます。 ●北海道産昆布、種子島産さとうきびの粗糖などを使用 ●化学調味料、保存料、着色料無添加

    白だし特撰 200ml

白だしゴールド 500ml (希釈タイプ)を使ったレシピ

白だし特撰 200mlを使ったレシピ