この国の味、ここから。にんべん 一六九九年東京日本橋

menu

この国の味、ここから。にんべん 一六九九年東京日本橋

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
閉じる

さんまと栗の炊き込みご飯

検索結果へ戻る

レシピを印刷

  • 熱量:365kcal(1人分)
  • 調理時間:15分(炊飯時間を除く)
  • ジャンル:ご飯
  • 塩分:1.1g(1人分)

さんまと栗の炊き込みご飯

焼いたさんまを甘栗、きのこ、「白だし」、米と共に炊きます。秋の香りいっぱいの炊き込みごはんに。
手間無く簡単なむき甘栗を使用しています。通常の栗ご飯同様、生の栗でももちろん美味しく作れます。

材料

【2合(約4人分)】

2合
さんま
1尾
むき甘栗
20g
しいたけ
2枚
にんじん
1/6本
白だし
大さじ2
青ねぎ
2本

ぐっと、おいしくする一品

白だし 1000ml
白だし 1000ml
【白だし】は鰹節とさば節・宗田鰹節の混合だしと昆布のだしを加えた奥行きある味です。素材の味を生かした汁物、麺類など、幅広くご利用いただけます。
商品案内へ
白だしゴールド 500ml
白だしゴールド 500ml
【ゴールドシリーズ】は本醸造有機醤油使用、だし1.5倍配合(通常品比)のプレミアムグレードです。
化学調味料無添加
商品案内へ

つくり方

  1. さんまは塩(少々:分量外)をふって塩焼きにし、頭・内臓・骨・尾を除き、半分に切る。しいたけは石突きを除いて薄切り、にんじんは2~3mm幅の拍子木切り、青ねぎは小口切りにする。
  2. 米は炊く30分前にといでザルに上げ、水を切っておく。米を炊飯器に入れ、白だしを加えて、水を普通の白米を炊く水加減に合わせる。青ねぎ以外の①を加え、混ぜずに炊飯する。
  3. 炊き上がったら、さんまをほぐし、全体を混ぜる。器に盛り、青ねぎを散らす。
ページトップへ