旨だれ ポークジンジャー

旨だれ ポークジンジャーの写真

調理時間:10分

熱量:351kcal

塩分:3.5g

※カロリー・塩分は1人分です。

レシピ考案者

茂出木浩司

誰もが好きなポークジンジャーを、【つゆの素特撰】を使ってアレンジ。豚肉は甘いソースとの相性が抜群。お子様も喜ぶ味付けです。

材料(2人分)

【つゆの素特撰】
大さじ3
豚ロース肉薄切り
(豚小間肉でもよい)
200g
玉ねぎ
(すりおろして1/4個分を使用)
1/2個
にんにく
1片
しょうが
1かけ
大さじ1 1/2
みりん
小さじ1
適量
白こしょう
適量
小麦粉
適量
オリーブオイル
(サラダ油でもよい)
適量

つくり方

  1. 先にたれを作る。玉ねぎ、にんにくをすりおろす。しょうがは皮をむいてにんにくと同量程度すりおろす。ボウルにすりおろした材料を入れ、【つゆの素特撰】、酒、みりんを加えて軽く混ぜる。

  2. 豚ロースの肉はすじに切り込みを入れ、すじ切りをする。反対側も同様にすじ切りをする。片面に塩・こしょうをする。バットに小麦粉を敷き、豚肉を並べて両面に小麦粉をまぶし、余分な粉をはたき落としておく。

    【ポイント】
    焼いた時に肉がそり返ったり焼き縮むのを防ぐために、必ずスジ切る。赤みと脂身の間に3〜4カ所切り込みを入れます。両面行いましょう。

  3. 強火にしてフライパンにオリーブオイルを熱し、盛付けで上になる面を下にしてフライパンに並べ、フライ返しで上から押さえながら焼く。焼き色がついたら裏返し、反対側も同様に焼く。

    【ポイント】
    しっかり焼き色がつくように焼くのがおいしく仕上げるポイント。フライ返しで押さえながら焼くと、肉も反らずにきれいに焼けます。

  4. 豚肉の両面がこんがり焼けたら酒少々(分量外)をふり、火を弱めてたれを加え、豚肉にからめる。

  5. コールスローなど、付け合わせの野菜に【本枯鰹節】をふりかけ、ソテーを盛りつける。

レシピに使われている商品

  • つゆの素特撰200ml(三倍濃厚)

    本枯鰹節と下総醤油を使用し、濃いだしをひくことで、すっきりとしながらうま味の濃い江戸から続く東京らしい味わいに仕上げました。「麺つゆ」「煮物」「煮付け」「丼物」などいろいろな用途にお使いいただけます。 ●北海道産昆布、種子島産さとうきびの粗糖、沖縄の海水塩などを使用 ●化学調味料、保存料、着色料無添加

    つゆの素特撰200ml(三倍濃厚)
  • 本枯鰹節物語

    鰹節専門店にんべんの伝統的な製法に基づいて仕込んだ削り節パックです。カビ付けと天日干しを4回以上繰り返しました。

    本枯鰹節物語
  • つゆの素 1000ml(3倍濃厚)

    つゆに合うバランスの良い本醸造特級醤油を使い、かつお節の良さを100%引き出す独自の製造方法により、めんつゆ、天つゆから煮物や丼もの、ちょっと手を加えて和風ドレッシングまで、あらゆる料理に幅広く使えます。 ●保存料無添加

    つゆの素 1000ml(3倍濃厚)
  • つゆの素ゴールド500ml (3倍濃厚)

    新・つゆの素ゴールドは定評ある美味しさはそのままに、バランスを整え、より美味しさをアップしました。 ●有機JAS認定本醸造有機醤油を使用  (小麦、大豆共に有機栽培原料使用) ●国内製造鰹節と、北海道産昆布を使用 ●だし素材1.5倍配合(当社「つゆの素3倍品」比) ●化学調味料、保存料、着色料無添加

    つゆの素ゴールド500ml (3倍濃厚)
  • フレッシュパック ソフト 4.5g×8袋

    薄く丁寧に削り上げたソフトタイプの鰹節ですので、お料理をより一層引き立てます。納豆や冷や奴、お好み焼き等にふりかけたり、サラダのトッピングとしてご使用ください。

    フレッシュパック ソフト 4.5g×8袋

レシピ考案者

  • 茂出木浩司

    たいめいけんは、食通として知られる作家・池波正太郎がこよなく愛したことでも知られ、映画「タンポポ」に登場するタンポポオムライスなどが有名。1994年、たいめいけんの三代目として就任。三越日本橋本店「デリカテッセン・ヒロ」をはじめ、数多くの店舗をてがける。波乗り、カイトボーディングなど多彩な趣味ももち、テレビの人気バラエティー番組にもたびたび登場し人気を博している。

つゆの素 1000ml(3倍濃厚)を使ったレシピ

つゆの素ゴールド500ml (3倍濃厚)を使ったレシピ